ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

タウンジー ヤンゴン間の夜行バス

この前も同じバスに乗った感想を書いたのですが、

同じバス会社でも時によって違うことがあるみたいなので、また書いてみます!

 

今回も、タウンジーからヤンゴンバスターミナルまで

Lumbini というバス会社のVIP夜行バスで来ました。

 

タウンジーの近くにあるエタヤからヤンゴンまで片道23000に、

タウンジーの家からエタヤまでのピックアップ代1000チャットです。

 

私が乗ったバスは6時に出発し、

休憩場所は時によってちがうのですが

7時くらいであったり8時くらいであったり、

その時によって違います。

今回は7時くらい。早い。

(最初の休憩では他のお客さんが乗ってくる事が多い)

 

それから次は0時くらいにも一度休憩。ここの場所はいつも同じ場所です。

 

どちらの休憩も30分くらいで、トイレにいったりご飯を食べたりできます。

 

ルンビニの車内にはトイレが付いていないので、

トイレには休憩の時はいっておくべき。

 

ちなみに

バスに乗り込んでくる時は500mlの水と黒のゴミ袋がすでにおいてあり

 

一回目の休憩では

菓子パンセットとサンキストという、炭酸飲料がもらえ

 

2度目の休憩の時に歯みがきセットとおしぼりがもらえます。

 

ヤンゴンに着く時間は

今回は運転が早かったのかにんと朝の5時数分前。

前回2回ほど同じLumniniの夜6時発のバスに乗ったことがあるのですが、

その時は6時過ぎ位だったきがします、、、。

 

運転手さんによって全然速さがちがうんですね。

 

(確かに、いつも酔わない夜行バスで最初の方だけですが酔ってしまい今回は少し大変でした笑)

 

 そんな感じで、

バスの休憩は2回くらい

到着時間は運転手さんによってちがう

もらえるものはいつも、ビニール袋、水、炭酸飲料、菓子パン、歯みがきセット、 おしぼり

 

というのが今回のまとめでした!

 

おしまい。