読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

ヤンゴン発チャイティーヨー(ゴールデンロック!)日帰りの旅

今回は3日の連休があったということで、バス泊、二泊三日、バス泊でヤンゴンに泊まってきたのですが

 

ヤンゴン初めの1日は日帰りタクシーで

あの有名な、落ちそうで落ちない奇跡の石とも言われるゴールデンロックのある

チャイティーヨーに行ってきました!

f:id:Myanmarshanlife:20161202005823j:image

 

ルンビニというバス会社で6時半前くらいに

アウンミンガラーバスセンターに着き

7時20分くらいにタクシーの運転手さんが来て

チャイティーヨーを目指しました!!

 

今回は1日日帰り、往復で100ドルと言われましたが

私はチャットで払ったので137000チャットでした。

 

 

ちなみにミャンマーの旅行会社、S観光さんにチャイティーヨータクシー往復はいくらか、問い合わせてみたところ、180ドルとの事でした。(2016年11月現在)(ガイドはつかない)

これは日帰りでも、往復でも同じ料金だそう。

 

私は1人で180ドルは払えない、、、と思いやめました。

 

本当はバスで行けば片道10000チャットよりちょっと高いくらいとのこと。

キンブンのゲストハウスとかホテルとかに泊まって一泊でのんびりできるなら

往復バスを使って一泊するのが一番安くてのんびりできる。

 

日帰りバスも朝一のバスに乗って

帰りのバスに乗れば不可能ではないですが

チャイティーヨーでそんなにのんびりできないし

何かしらのトラブルがあったときにちょっと焦るかも。

 

だから私は何人かでタクシー日帰りまたは、

1人ならバスで一泊がオススメですかね。

 

最近のヤンゴンは物騒とかなりかなり脅されたので怖くなり

その場でタクシーを捕まえるのはやめて

その日宿泊予定のホテルに、

信用できるタクシーさんにバスターミナルまでピックアップに来てもらい

その後チャイティーヨー→ゲストハウスのタクシーの予約を事前にしておきました。

 

(その代わり、夜行バスがついてすぐに出発することができず、1時間ほど待つことになったのですが、、、)

 

7時過ぎ頃にバスターミナルをでて、

キンブンというチャイティーヨーの山の麓まではバスだと4時間くらいときいていたので

タクシーでもそんなもんかなーと思っていましたが

案外早く、10時くらいにキンブンに到着しました。

 

ここからゴールデンロックのあるチャイティーヨーの山の上まではタクシーや大きいバスは行くことはできないので

ピックアップトラックに乗って行きます。

 

だいたい40分くらいかけて山に登ります。

1人片道2000チャットでした。

f:id:Myanmarshanlife:20161202010135j:image

ちなみにこれ、横に大人なら6人、

縦に7列くらいあるのと

乗務員さんがそこらへんに乗っているので

ざっと50人くらい乗っています。

 

そして、道に関しては行ったことのある人にしかわからないかもしれないですが

割と危ないです。

 

振り落とされるー!なんて思ったタイミングは私はなかったですが、

330度くらいのUターンがあったり

かなり急な坂道をのぼったり

道がとーっても狭いので

いつ事故が起きてもおかしくない感じです。

 

ちなみにちょくちょく事故も起きてるとの噂。

私はそんなことあとで聞いたので

なんか軽いディズニーランドのアトラクションみたいだな〜なんて思って楽しんで乗ってました。

ちょっと酔ったけど。

 

バスのある場所に着くと、

そこからゴールデンロックのあるところまで歩き。

f:id:Myanmarshanlife:20161202010811j:image

だいたい15分くらいだったと思います。

 

お店やさんもならんでます。

f:id:Myanmarshanlife:20161202010830j:image

 

あとは、こういう椅子に乗って運んでもらうこともできるみたい。

おばあちゃんが何人か使っているのをみました。

f:id:Myanmarshanlife:20161202010940j:image

 

それと、山頂にはホテルがあったり、

ホテルでなくとも外でお泊まりするミャンマーの人もいるようで

荷物を運ぶ籠を持っている人もいます。

 

これは結構使っている人たちがいました。

写真はないですが。

 

途中で飲んだ飲み物。

f:id:Myanmarshanlife:20161202011134j:image

 

私はなぜか、トラックで隣に乗っていた親子と仲良くなることができ、ご馳走してらもらいました。

 

その家族はエーヤワディの方にすんでいますが

チャイティーヨーが好きで、 ちょくちょく遊びに来ているとのこと。

 

私が1人で来たというと、

危ないよーといって、一緒に回ってくれました。

途中でお菓子くれたり、お店で揚げ物をご馳走してくれたり、色々と優しすぎる。

 

そしてお子さん2人もとっても可愛かった。

また遊んでほしいなー。

 

という余談はさておき

外国人入場料は6000チャット。

 

名前と国籍なんかも書く欄があり、

私の前にも同じ日に日本人が何人か。

 

日本人は毎日来るよ〜と、管理人さんに言われました。

 

そしてさっきもあげたけど、

歩いて行くとゴールデンロック。

f:id:Myanmarshanlife:20161202011644j:image

 

こんなに近くからも見れます。

f:id:Myanmarshanlife:20161202011709j:image

 

男の人は、近くに行って金箔を張れるのですが

私は貼れないので下からお祈り。

 

一緒にいた男の子もお祈り。

 

 

チャイティーヨーにいくと、

他に何があるの?これだけなのかなー、

なんて思うかもしれませんが

そんなことはないんですよー。

 

まず、何箇所かに望遠鏡を置いてる人がいて、

200チャットくらいで見させてもらえます。

自分で手で持つんじゃなくて、

固定してあって、

その先にはお寺だったり、何かしらあります

 

ミャンマー語がわかれば、望遠鏡の下に何があるか書いてあるのですが

私はまだそんなレベルに達していないので、わからず、、、

f:id:Myanmarshanlife:20161202012250j:image

 

あとは望遠鏡がなくても、

周りの景色は綺麗!

f:id:Myanmarshanlife:20161202012327j:image

 

と、ここで今回はおしまい、

続きは次回!

チャイティーヨーのゴールデンロックの奥の散歩道について書いていきまーす!