読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

バガン旅行記 その6 〜お土産屋さんでの悲しい出来事〜

ミャンマー 旅行 観光地 考え事

マンダレーではなかったことですが、

バガンのパゴダの中にあるお土産屋さんの並ぶ場所で信じられないことがありました。

 

ふらふらとお土産をみながら歩いていると

いきなり、そして無理やり

おばちゃんたちが紙で作った蝶のついたピンを

服につけてきて、

プレゼント、といってくれました。

 

そこまでは良かったのですが、

それから無理やりお店の前に座らされ、

ものを買うまで席を立たせてくれなかったです。


そのお店では、

別のお店で見て買おうか迷っていたものがあったのでまぁいいや、と思いそれを買いました。

(最初は別の店で聞いた倍の価格設定だったのでそれはないと思い半分にしてもらった。)

 

それ以外にも勝手にミサンガを付けてきたり、

1つでいいといっても2つにしてきたりしたので

もう断るのもめんどうになって買ってしまいました。

 

そこでお金を払い、

私が選んだ商品をそこのお店の人が持っていて袋に入れてくれるのかと思いきや、

その人は別のお店の人だったらしく、

これを袋に入れてあげるからと言い

その人のお店にも連れていかれ、

 

その人のお店で買うまで

商品を渡してもらえなかった。

 

仕方がないので何か買おうと思って買ったのですが

その時1000チャットなどの細かいのお札がなく

5000ksのお札を渡ました。

 

その時のおつりで1000ksが何枚かと

500ksの札が1枚帰ってくるはずだったのですが、

1000ks札は返してもらえたものの、

500ksは無理やり引っ張っても返してもらえず、

結局追加でまた一つ買わされました、、、。

 

そしてもう絶対買わないと思いさっさと出てきた私。

 


ここのパゴダに行く前に

タクシーの運転手さんに、

ここのおみやげやさんのものは買わない方がいいと言われていたのですが

そういうことか、と思いました。

 

もちろんすべての御土産屋さんがそういったことをしているわけではないですが、

一部の御土産屋さんがそういったことをしていると

全体の印象が悪くなってしまうので、

本当にやめてほしいと思います。

 

もちろんその人達がお金を稼ぐのに必死であると言うのもわかるが、

限度があるのではないかなと思いました。

 

どうやったら変わるんだろう〜と考えても

私には難しいけれども、、、。

 

 

ちなみに同じゲストハウスに泊まっていた人も

フロントに来た時に同じ蝶々のバッジをつけられていました。悲

 

ミャンマー本当にいい国なのに

こういう事されると本当に悲しくなるよー