読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

カローへ小旅行!その4

ミャンマー 食べ物 旅行 仏教 生活

カローへ小旅行!その4までいきました。

 

たった一泊二日で、しかも午後出発の朝帰りという短期旅行なのにとても、長くなってしまった、、、。

 

今回はカロー駅の様子と夜ご飯の場所、ゲストハウスについて。

 

まずこちらがカロー駅。

f:id:Myanmarshanlife:20161008235831j:image

 

線路はこんな感じ。

f:id:Myanmarshanlife:20161009004713j:image

 

一日に、上り下りどちらも一本ずつしかありません。

 

そして電車が遅れるのもあたりまえ。らしい。

 

私が行った時は4時前くらいでしたが、

3時頃くるはずの電車がまだ来ていないといって待っている人たちがいました。

f:id:Myanmarshanlife:20161009000121j:image

 

だから、観光客がよくここで写真を取っているらしい。わたしもとりました!

あとは近くにあったトラクターでも!

f:id:Myanmarshanlife:20161009000336j:image

 

晴れてたら、もっときれいなんだろうなー、なんて思いました。

 

ちょっと洋風な、オシャレなカロー駅でしたー!!

 

次に向かったのは、町の方。

とりあえずぱごだ。

f:id:Myanmarshanlife:20161009003115j:image

外はこんなんで、白くてきれい。

きんピカしゃなくて、ぎんピカでした。

 

そしてやはり、仏様もキラキラ神々しい。

f:id:Myanmarshanlife:20161009003205j:image

 

ちゃんと手入れをしているらしく、花が活けられていました。

この写真は私の誕生曜日、月曜日と動物、トラです。

f:id:Myanmarshanlife:20161009003304j:image

 

ミャンマーは八曜日といって、

自分の生まれた曜日を大切にします。

 

パゴダに行くと、曜日ごとにお祈りする場所があり、何曜日生まれか、聞かれます。

 

なぜ八曜日なのかというと、

水曜日は特別、午前中と午後で区別されるかららしいです。

詳しくは今度またかきます。(今はまだ説明出来ない)

 

夜ご飯はこちら、JRというお店。

f:id:Myanmarshanlife:20161009003954j:image

 

ミャンマー料理を出しているけれど、

見た目は洋風なオシャレ目なお店でした。

f:id:Myanmarshanlife:20161009004031j:image

 

オーナーは、今回会いに行った友達の友達らしく、

なんと時は20歳といってました!!わかい!!

 

今はオフシーズンなのでお客さんはあまりいませんでしたが、12月、1月あたりのハイシーズンはかなり人が入るそう。

場所もいい場所にあります。

 

そして謎にメキシコのビールがあったので、

のみました。

f:id:Myanmarshanlife:20161009004103j:image

 

そして夜、泊まったのは、

こちら、ゴールデンカローインです。

f:id:Myanmarshanlife:20161009000537j:image

 

私が泊まったのは、一泊12ドルの安い部屋。

だから本当に部屋にはベッドとゴミ箱、机の上に水しかなかった。

トイレシャワーは共同。

f:id:Myanmarshanlife:20161009000707j:image

 

 正直な感想として、よくなかったところは

①毛布があるちょっと臭い

②トイレシャワーの部屋が汚め

③夜中にフロントスタッフがおしゃべりしててうるさかった。(寝れたけれど、10時とかに普通に喋ってて、一階のフロント近くの部屋は話し声が筒抜けなので寝たい人からするとわりとうるさい。)

 

よかったところは

①オーナーさんがスーパー親切

   英語もペラペラで、カローの周辺のわかりやすい地図をくれる。

f:id:Myanmarshanlife:20161009002014j:image

 

町の案内やオススメレストランを紹介してくれたり、

私は洞窟寺院など見学済みだったので必要ななかったですが、

必要であればバイクタクシーなども手配してくれるみたいです。

次の日のタウンジーに帰るためのバスも、

このオーナーさんが手配してくれました。

 

 また、私は電話で、

とりあえず一番安い部屋で、と予約しましたが、

一番安いトイレシャワー共有の部屋と、

18ドルのトイレシャワーが付いている部屋、

両方見せてもらえました。

 

②朝ごはんが付いている。

超豪華!ではなかったけれど、

7時から9時まで朝ごはんサービスがありました。

これで割と十分。

f:id:Myanmarshanlife:20161009001232j:image

スイカは謎にまんまる。

というのも多分ミャンマーのスイカが

きれいなまるではなくて、

だ円形に育つからかなーなんて勝手に予想してた。

でもこれ、

最初はどうやってたべるん?と思いました。

わからないけど、

フォークとナイフで四分割して、皮をもってたべました。

 

f:id:Myanmarshanlife:20161009001221j:image

あとは、ちょっと時間かかったけれどパンと卵も。

卵はスクランブルエッグもおっけい、

目玉焼きも大丈夫。

最初に席に着いた時に聞かれます。

油も、ピーナッツ油のいい匂いがしたので、

きちんと気を使っているのだなーと思いました。

 

ホテルはこんな感じとして、次は町中の様子。

2日目のバスが8時半発だったので、

7時半頃から回ってきました。

 

町はそんなに広くないので、

ホテルから市場までは歩いて五分もかかりませんでした。

f:id:Myanmarshanlife:20161009002340j:image

 

なんでもではないですが、

色んなものが売っています。

主に食べ物が多く、あとは服とか、日用品。

 

ちなみに私が着いた日は

ちょうど満月の日だったため、

みーんなお寺に行く、ということで

市場は閉まってました。

 

市場の周りの洋服屋さんなどは空いてましたが。

 

果物野菜たくさん。

バナナがぶら下がってるのが一番気になるところ。

f:id:Myanmarshanlife:20161009002403j:imagef:id:Myanmarshanlife:20161009002424j:image

f:id:Myanmarshanlife:20161009002428j:image 

鳥はこんなんで売ってます。

ただ、ホルモン剤とかがはいってないので

健康的かもですが、

痩せていて骨ばかり、そしてたぶん1匹2000チャットか3000チャットとか。

f:id:Myanmarshanlife:20161009002446j:image

 

こんな感じで、マーケットは相当ゆっくり見なければ、30分もあれば満足できそう。

タウンジーのマーケットと比べると、かなり小さいなーと思いました。

 

あとはバスまで時間があった ので、フラフラしていたら、

教会があったので見てきました。

f:id:Myanmarshanlife:20161009004154j:image

 

この辺りは山岳民族の中で、

まだキリスト教を信仰している人達もいるらしく、

その人たちがかよっているみたいです。

 

中に入ると、日曜日の朝だったので、

たくさん人が集まっていました。

牧師さんがなにかはなしていました。

びっくり。後ろの方の人に、誰か来た!みたいな感じでめっちゃ見られました。

 

バスまでそれほど時間がなかったので、

おいでおいで、といわれて入っていき、

出れなくなったら大変なので

チラッとみてすぐに出てきてしまいました。

 

そんな感じで、ザーッと見てきたところは書き終わりました。

 

それからバスに乗って2時間、タウンジーに向かう私でした。

 

長〜い文書、たくさんの写真、

見てくださった方、読んでくださった方、

ありがとうございます。

 

おしまい