読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

カローへ小旅行!その3

ミャンマー 生活 旅行 仏教 トビタテ

カロー小旅行記その3!は、

シュエウーミン洞窟寺院と、

ミャンマーの軍の学校について!

 

f:id:Myanmarshanlife:20161007214828j:image

 

寺院は、外から見ると、普通の、

パゴダがたくさんある僧院かな〜、

といったかんじなのですが、

お寺の中に行くと、

いつものように座ってお祈りするばしょがあり、

f:id:Myanmarshanlife:20161007223439j:image

 

ここの左隣あたりから洞窟の奥の方に入っていく場所がありました。

 

入って行くところの様子は、こんなかんじ。

f:id:Myanmarshanlife:20161007215303j:image

 

仏像的なものがたくさん置いてあり、

説明もありますが、私にはなんて書いてあるのかはわかりません、、。

f:id:Myanmarshanlife:20161007215330j:imagef:id:Myanmarshanlife:20161007220130j:image

f:id:Myanmarshanlife:20161007220149j:image

 

奥の方はこんな感じです。

床は、雨水が入ってくるみたいでびちょびちょです。

滑らないように気をつけてはいっていきます。

f:id:Myanmarshanlife:20161007215524j:image

 

天然の洞窟は最初の10メートルくらいで、後は手で掘っていったと、

地球の歩き方にはかいてありましたが、

中はこのように天井のたかく、広いところもあり、

ミャンマーの人頑張ったなーと思いました。

 

この写真は、奥の方ー、の写真。

f:id:Myanmarshanlife:20161007215436j:image

お坊さんが、たくさん拝んでいます。

 

なにがあるったかと簡潔にいうと、

とにかく洞窟の中に

たくさんのたくさんの仏像がありました。

 

ここの場合は、洞窟内の見学はだいたい20分くらいで終わりました。

 もう少しかかったかもですが。

 

でも実は近くのピンダヤという場所には

もーーっと大きな洞窟寺院があるそうです。

1度行ってみたいものです。

 

ただ、洞窟で仏像があるので、

停電になったら相当怖いです。

多分肝だめし状態になります、、、。

 

ドライバーさんの子供は、怖かったらしく、

早く行こう行こうって行ってどんどん歩いて行っていました。(笑)

 

なので行く時は、

ライト付きのケータイが絶対にあったほうがいいです。

停電に備えて!

 

というのが洞窟の中の話で

次は寺院の外。

 

パゴダはもちろんたくさーんありますが、

f:id:Myanmarshanlife:20161007220857j:image

 

こんなかんじの仏像もたくさーんでした。

f:id:Myanmarshanlife:20161007220937j:image

 

私の地元、埼玉県川越市にあるのですが、

川越の喜多院の、五百羅漢を思い出しました。

f:id:Myanmarshanlife:20161007221209j:image

 

 

ちょっと違うかもですが(笑)

 

f:id:Myanmarshanlife:20161007221303j:image

 

そしてここでもドライバーさんの子供がかわいい。

パゴダのなかの仏像にお祈りして、中を覗いてました。

(たくさんのパゴダと仏像があるのに、

なぜここを選んだのかはよくわからなかった)

 

シュエウーミン洞窟寺院に関しては、

こんな感じ!

 

 

そして次に向かったのは、というより通った?のは、

なんとミャンマーの軍の学校!

どうりで、カローでたくさん軍人さんらしき人をみたわけだっ

 

軍の学校の敷地があって、その中は一般の人も自由に通って良いらしい。

ただ、私たちみたいな観光客は1人もいなかった〜。

 

最初に寮の前を通り、

写真を撮ろうとしたら、

ドライバーさんに、

ちょっとここではやめたほうがいいね、

と言われ、あ、やばいダメなのかと思い諦めていましたが

 

別の場所で、

ここなら写真とって大丈夫よー、

といわれ、寮の写真をパシャリ。

近すぎて入り口だけですが。

(逆になんで入り口はとっていいのか、、、?)

 

ここに写真載せて、

あとで通報されてりしたら嫌なので、

載せませんが。

 

寮と学校の間には橋がありました。

 

 f:id:Myanmarshanlife:20161007222506j:image

(このくらいなら、いいよね?ちなみにミャンマーの人にここの写真みせたら、

これらどこ?公園?なんて聞かれた。

軍の敷地にはみえないーーー。)

 

ミャンマーの国旗の色に、塗られています。

ここだけではないけれど、よく家の入り口の門とかも、

この3色で塗られていたりします。

色を覚えてもらうためかなーなんでだろう。

 

橋を渡って、軍の学校の前でも、堂々と写真とってきました。載せないけれど。

 

軍の学校、といっても、

軍の上のポジションにつくための学校で、

訓練所も近くにあるのだろうけれど、

私が目にしたのは普通の学校っぽい建物できた。割と綺麗そう。

 

敷地から出るときに、

軍人さん(向こうも車)と、車で遭遇し、

ドライバーさんが道を先にどうぞ、と

ゆずっていました。

 

そしたらありがとう、的な感じで、手を上げていて、

その軍人さんが、イケメンだった〜〜!笑

 

というのはどうでもよいですが、

ドライバーさんに、

どうして譲るの?ルール?

と聞いたら、

ここは彼の敷地だから、彼が優先ね、

譲らないのはあんまりよくないね、

と言われました。

 

そうなんだ〜、とおもった私でした。

 

以上、カロー小旅行記その3でした。