ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

カローへ小旅行!その2

カロー小旅行、その1に続き、その2、書いていきます。

 

カローについて最初に向かったのは、ある寺院。

ミャンマー語だとニーパヤーというらしい。

 

中にはこんなかんじの仏像がありました。

f:id:Myanmarshanlife:20161006024200j:image

 

とりあえず、ミャンマー式に、

座って、お辞儀→手をあわせる、を3回繰り返して、お祈り。

なにを祈ったら良いのかはよくわかりませんが、

この前ある知り合いにきいたところ、

日本みたいに自分の願い事をお釈迦様に伝えるのではなくて、

お釈迦様、信仰しています、というか、あなたの教えに従います、というか、従っています、これからもしたがっていきます、、、

的な事を思ってお祈りしているようで

 

そうすることによって

自分の願いも叶うとか?そんな感じらしいです。

 

ミャンマーの仏教、本当に興味深いです。

もっといろいろ知りたいです。

 

それはさておき、この仏像、なんと竹でできているそうです。

え、金じゃんっ!て思うかもしれないですが、

中身は竹で、周りにみんなが金箔を貼って貼って貼っていった結果、表面が金になっていて、

中身は竹、と、

一緒に行ったドライバーさんも言っていたし、 

某ガイドブックにもかいてありました。

 

ちなみに、金箔は男の人しか貼ってはいけなくて、

女の人は買って、それを手に挟んでお祈りして、

男の人に貼ってもらうように頼んで、

功徳をつむようです。

 

これは、他のどこのパゴダなどに行っても、同じみたいです。女の人は金箔はれませーん。

例外もあるかも知れませんが、今の所私はきいたことがないです。

 

 

そして次の写真は!竹の仏像の隣にあったもの。

お神輿みたいに担ぐのかな、

4人でももてるらしいです。

f:id:Myanmarshanlife:20161006024235j:image

 

 そしてお祈りに来ると、僧院の人が、

お茶と、ラペット(お茶の葉サラダ)を持ってきてくれました。

他にも参拝客がいて、みんな、持ってきてもらっていました。

f:id:Myanmarshanlife:20161006024342j:image

 

ということで、仏像を眺めながらしばらくここでまったりゆっくりする参拝客たち。

f:id:Myanmarshanlife:20161006024247j:image

 

猫もまったり。

あったまって寝てるのかな、

本当にかわいい。

f:id:Myanmarshanlife:20161006024416j:image

 

最後に外の入り口の様子です。

f:id:Myanmarshanlife:20161006024534j:image

 

以上、カローの僧院の様子でした。