ほのぼのミャンマー暮らし

ミャンマーのシャン州の州都タウンジーにあるNGOで1年間インターンをする私が見聞きしたこと、感じた事などを書いていくブログ

ミャンマーのヨーグルト

今回はヨーグルトについて。

 

ミャンマーには、日本のヨーグルトとおんなじようなものがあります。

日本のヨーグルトと全く同じではないがほとんど似て、

日本のものよりもサラサラしています。

飲むヨーグルト、とスプーンですくって食べるものの中間ですかね。

 

こんな感じで、これは500チャット、50円くらい。割と高いかも。

f:id:Myanmarshanlife:20160929000435j:image

(売っている時はペットボトルに入っている。)

 

トロトロしていて、結構おいしいです。日本人にもなじみやすい味。

おなかにやさしいヨーグルトの菌も入っていそうで、本当にありがたい。

乳製品の補給にもなります!

 

ミャンマーに来たら、ぜひお試しください!

 

ところでみなさん、ヨーグルトが酸っぱいと感じたことはありますか??

私はないのですが、

ミャンマーの人は酸っぱいっていうんです。不思議。

 

確かに、このヨーグルト、ミャンマーではデインチンというらしくて

デインの意味は特にないが、チンは酸っぱいと言う意味らしい。

 

この間あるスタッフがそのヨーグルトを買ってきてくれました。

というよりも、自分で飲むつもりだったのかもしれないですが、

私が眠そうたら、酸っぱくて目が覚めるから飲んでと言って、くれました。

 

たまたま次の日にも別の方が家でヨーグルトを食べさせてくださり、

私は酸っぱさはまったく感じませんでしたが、

その方は砂糖なしでは酸っぱい、といって食べられませんでした、、、。

 

前にお店である人が頼んでくれた時も、

そういえば砂糖シロップのようなものが

大量にコップの下に沈んでいたなと思います。

f:id:Myanmarshanlife:20160929000546j:image

(写真の右側。下の方に黄色いシロップが。)

人にもよるかもですが、

本当に甘いのが好きみたいです、ミャンマーの人たち。私もすきだけどねっ!

 

ちなみに左側の写真もデザートで、

赤いもち米みたいなのを、

ココナッツミルクに浸したもの。

スーパー甘くてかなりお腹いっぱいになります。

 

 

以上、今回もオチはありません。